過払い請求ってなんですか?

過払い請求とは払い過ぎたお金を取り戻すための手続きです。
改正貸金業法が施工されたことで金利の上限は出資法、利息制限法ともに統一されました。
しかし改正される前は出資法と利息制限法とでは金利の上限が異なっていて、これが原因で利息の払い過ぎということが起きていたのです。
出資法が定める上限金利は29.2%、一方利息制限法は借入額が100万円以上なら15%、10万円以上100万円未満なら18%、10万円未満なら20%としていました。
出資法と利息制限法の上限金利の差をグレーゾーン金利と言い、貸金業者はこのグレーゾン金利で債務者から利息を多くとっていました。
改正貸金業法により定められた金利以上でお金を貸すことが違法となり、過去に高い利息で返済していた分を返還請求できるようになったのです。
過払い請求が出来るのは、2010年までに消費者金融又はクレジットカードのキャッシングでお金を借りたことがあるすべての人が対象となります。
過払い金を請求するには取引のあった消費者金融等から取引履歴を請求する必要があります。
その後、グレーゾーン金利から正しい金利に引直計算を行い、払いすぎていた利息がいくらあるのかを調べます。
過払い金が発生したいた場合は消費者金融等に返還請求を行い、直接交渉します。
もし交渉に応じない場合は過払い金請求訴訟を行います。
その後過払い金が返還されます。
自分一人で過払い金請求をするのは非常に大変ですので司法書士や弁護士に依頼するのが良いです。詳しくはコチラ